経理の仕事をするなら転職|資格を活かせる

女の人

専門職の移動

PCを操作する人

中小企業の経験者

景気の影響もあってか企業の終身雇用制度が見直されてきており、人材の流動化が進んできています。転職をする場合には、専門性の如何が問われるケースが多くなっています。特に経理については、専門性が重要視される職種と言っていいでしょう。大企業の経理部門の在籍者は企業会計の一部しか担当しないケースが多いため、その専門性については限られています。一方、中小企業で経理を経験すると、会計から税務まですべてを経験するため転職には有利に働きます。最近は経理処理をコンピューターで行うことが一般的になっておりますので、経理実務に加えてITにも詳しい人材が転職市場では高額な給与を提示されるでしょう。一時期人気を集めていた金融機関の人材は金融緩和の影響もあり一時ほどのニーズが無くなっています。

起業によるニーズ

経理部門に所属していると企業の経営の実態を把握することが可能です。最近の転職市場では単に経理実務者を求めるのではなく、会社経営をサポートする経営管理を同時に担当できる人材が求められています。グローバル化の進展やITの普及によって先行きが不透明になっておりますので企業経営が難しくなっています。少なくとも自社の経営状況を透明にして先行きの事業戦略や投資を考える必要が高まっています。経理部門でも従来の財務会計よりも管理会計の考え方が重要です。企業活動が複雑化する中で個別の事業分野の採算性を正しく捉えておくことが必須と言えるでしょう。現在はこうした業務に対応できる経理マンが転職市場で最も求められています。